ミントティーの効果

今日新しいカフェで美味しいロイヤルミルクティーを飲みました。

その店はショートサイズが無く全てMサイズ、丁度スタバの右から2番目くらいの大きさで、たぶんいつもの分量の2倍はあったのだと思うのです。

飲み終わるころ、あのむかつき感と心拍数の上昇、腸のグルグル感に襲われ「あれ?」って・・・

やっぱり量が多かったのか、普段ならならないロイヤルミルクティーでカフェイン中毒症状が出てしまいまいました。

友人とのランチもそんな中で食事をし、しゃべり倒して家に帰ったが、夕食を作る時間になっても胃酸が上がってくるような不快感とむかつきはひどくなる一方で、とっても夕食を食べる気にならなかったし、正直作るのもしんどかったのです。

そこでふと、こんな時こそミントティー!実体験だ!って思い出しまして。
3gを200ccの熱湯で10分をきっちり守り作りましたよ~。

出来たお茶は薄い紅茶の色、口に持って来て飲もうとすすった途端ミントの香りで咳が出た。そのくらいミントの香りとハッカの刺激が喉から胃袋に流れて行くのがわかるのだ。

三口くらい飲んで様子を見た。5分ほどたってもそれ以上気分が悪くなることがないのでまた飲んだ。そして10分くらいたったころ、なんだかむかつきが取れた気がするって思ったので、残りも全部飲みました。

そしてさらに10分完全に胃のむかつきも、それに伴う動悸も無くなって。あーーーやっぱり効くんだミント!凄い!

って感心して夕食の続きを作っていて、ミントティーを飲んでから30分で「グーー」とついにお腹も鳴りました。

なので、普通に夕食を美味しく食べたのでした(^^♪

何のためにメディカルハーブ習ってる!って自分で大笑い
自然の力の偉大さ、昔の人の智恵、人も自然の一部を実感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *