宇・Noki について

初めに「宇・Noki」についてのお話をします。

「宇」と書いて「ノキ」と読みます、⤴ではなく⤵での発音です。どうでもいいですかね。

この世に生を受けてからの3番目の名前になります。

最初の名前は、私をこの世に誕生させてくれた両親がつけてくれた名前

そして2番目は、2010年2月夢の中で私が人々にそう呼ばれていた「セセラ」

そして今、2018年1月また夢を見ました。こんどは右から左に流れる文字「上村 宇」

そう、私の姓は「上村」です。下の名前が「宇」に変わっていたのです。

読み方は私の直感で決めました。

それに伴う夢は、何とも不思議な夢で言葉では表現できない夢です、ただその時その名前の持ち主は私であって私ではなかった。彼は若い芸術家、他の人とは全く違う感性を持っていた。そしてそれは私だと夢の中で私は感じていた。

何故その名前を使う気になったのか?

それは、今私が描いているオーラソーマの絵と関係が深い。夢の中で彼が創り出す映像は、私が現実に描こうとするイメージそのものだからだ。

そして思った、オーラソーマボトルを115本描こうと決め、昨年の暮れに2020年に個展を開くと決めたことがこの夢を呼んだと。私のどの時代の彼かわからないが、確かに繋がっていると感じるのだ。そしてそれがあるから自分でも不思議なくらい「描ける」と思えるのである。

何故オーラソーマボトルなのか?

たぶんなんでもよかったのだと思う、絵を描き始めた時にそれがそばにあったから

それもまた然り、自然の流れなのでしょう。

 

このブログは、基本オーラソーマの絵を載せるためにありますが、日々の思いや感じたこと、喜怒哀楽などいろいろ載せています。

現実社会にドップリ浸かった人生を50年歩んだ自分が突如、霊的世界に足を踏み入れるとはだれが予想しただろうか?
2018年以前のブログにはその時の思いをつづった「変容日記」があるので、ご興味のある方はどうぞ読んでやってください。

肉体年齢もおおむね平均寿命から考えれば後20年ってところです。

まだまだ何が起こるかわかりません、現に今こうして新しい自分を受け入れたところです。

まーそれもまた楽し、人は肉体が朽ち果てるまで好奇心を忘れてはいけない。

Noki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *