「おばさんバレエ」寄る年波に・・・?

一昨日庭の草むしりをしている最中に、しゃがんだ拍子に膝の奥がチクっとして、あ!またかと思いました。右ひざ昔から定期的にダメになるのです(;^ω^)

古くは20代の頃から・・・

高校時代のバレーボールのうさぎ跳びが原因?と思ったり、20代の無理なハイヒールのせいだと思ったり、いろいろです。

20代後半からスニーカーとジーンズといったスタイルで20年ほど過ごしている間に全く膝は大丈夫になったのですが、最近のひざ痛は6年ほど前から始めたクラシックバレエのせいなのです。

なぜって「基礎の基礎」この足の形のせいなのです。

この足だからこその美しい踊りなのです。がこの足の形無理がありますよね。

だって、つま先と膝が同じ向きじゃないとダメなんですよ!

膝って真っ直ぐ前を向いて普段使っているでしょ、この外向き足の開き方で普段絶対歩かないし歩いたこともない。だから、大人になってからは無理なんです(*^▽^*)

下の写真のように美しく見せる踊りをするには、子供のころから股関節を外側に向ける矯正をしないといけないのです。柔らかいうちに・・・

海外から先生を呼んでレッスンする時もあるのですね、そんな時日本では大人が多くて凄く驚かれるってのもわかる気がします💦絶対無理でしょって(*^▽^*)

もちろん普段教えてくださる先生は無理しなくていいですよ~~って言いますが、踊り自体その足でないと上手く踊れないし綺麗に見せることもできない!ときてる。

それなりにやり続けると、どうしても無理して足先を外側に向けたくなる。で結局股関節から回せないので膝を支点に足先を外側に向ける形になりがち、そう膝がねじれている状態。

それが原因です!

ってことで、バレエ只今お休み中

足に疲れがたまったり、冷やしたりするとなりやすいんですね。股関節も痛めたことがあるのですごく気を付けています。バレエで足壊して全くできなくなったって方知っているので。そこまで体張ってこの年齢でやる気もなく、音楽にのって楽しく踊れればそれで良しです。

ただ、私ってやり始めるととことんやりたくなる性格💦それが自分でも怖い(笑)

しかし寄る年波には勝てません。クラシックバレエは降参します🙌

Noki

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *