自分で調律できる?まさか!

ピアノ調律してもらいました。

今回忘れていて2年半もたってしまった。

ピアノの中はこんな風になっています(^^)v

中古で買ってすでに10年、私の相棒は1967年ころの生まれ、半世紀を生きたピアノです。

YAMAHAのピアノは部品を変えていないのでどんなに古くても直せるのがいいですよねって調律師さんの話。私が死ぬまで十分使えます。

ずっと使えるものって愛着がわくし、特に日常的に触れているものは愛情が入っていくものです。

で、買った当時調律を1年に一度はしなければいけないって言われて、やっていたのですが、金額的にもけっこうばかにならないし、ちょっと音が狂ったっていってもねーー、素人には微妙な世界だし(*^-^*)

なんて思いながら自分でできないものかといろいろネットでその当時探っていて、見つけたのが調律の道具一式、自分でやれますよ~に惹かれて買いました。

で、どうしたかって、結局やらなかったのですね。周波数を測る機器があると便利とか、結構面倒なことが多く、ピアノの鍵盤88個を専用ドライバーで微調整しながら音を確認していくってむりでしょ、それに凄く狂ってしまってそれから調律師に頼んだら、いったいいくらかかるかと思ったら怖くて触れなかったっていったほうがいい(大笑い)

ピアノは精密機器です

実家に帰ってから、来ていただいている調律師さんは、にこやかな感じで、終わった後自分の好きな曲のフレーズ軽く弾きながらを楽しそうに調律の出来を確認するのです。やっぱりかなりピアノは弾ける方が調律するのですよねーって感じです。

以前マンションに住んでいた時に来ていただいていた方は、調律師を育てる学校の講師をされている方で、絶対に曲を弾かない方でした。なぜかと言うと曲を弾くと自分好みの調律になりかねないからって事のようです。純粋に音の調整のみに集中するためで、学校でも生徒に絶対に弾けても曲を弾かないようにって教えるそうです。

ピアノの調律といえども単に音を合わせているわけではないのですね。どんな世界もプロは真剣にお仕事されるのだと感心しました。以前来ていただいていた方は有名な調律師専門学校の偉い方だったように記憶しています(名刺の肩書にいろいろ付いていた)。

今思えば個人のピアノ習いたての家に調律に来るような方ではなかったのでしょうね。たまたま私の家の近にお住まいで、長年のお付き合いの私のピアノの先生の紹介だからいらしてくれていたのだと、今から思えばありがたかったです。

たぶん、ピアニストレベルの方はきっちり音の調整だけのほうがいいのでしょうし、または自分好みに調律してもらうとか、まー素人はどちらでもいいですヽ(^。^)ノ

Noki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *