「生命の木」番外編

昨年の10月15日から始まった「生命の木」の旅は4月10日で終了しました。

 

そこで、ちょっとずつ残ったボトルの中身を集めてみた。

そんなことしていいんだろうか~~とも思ったが、

色とりどりのボトルがどのように混ざるのか興味が出て、誘惑に勝てなかった

1本目から11本目まで

なんて美しい景色、そして前半の色の鮮やかさと濃厚さ・・・

ちょうど12月の終わりごろまでの期間だったと思い出す。

色々な葛藤が出てきて、自分の弱さを思い知らされた時期だったな~

B114のラグエルそっくり、人と共感することの大切さを再確認した時期でもあった。

12本目から22本目まで

そして、正月過ぎから何てさわやかなボトルなんだろう。

淡い色の中に虹が躍っている。

山を越えて一段落して、緩やかに軽やかに進むことができたのはまさにこの色

シェイクして分離した色の渋さ、、、結構好きな色です。

赤に緑を混ぜると上の茶色になります。

緑の視野の広さと方向性、それにレッドのエネルギーが加わり、

私は決断し動き始めたのでした。

さすがに似たボトルは無いですねー

23本目から25本目まで

そして、最後のスフィアの3本

マゼンタの美しい色、最後にふさわしい。

 

実は昨日から過去をたどる旅として、

混ぜた最初のボトル塗り始めました。

一度に11本塗っている感じなのでしょうか?

それはそれでまた、ちょっと味わってみたいです。

 

昨日は満月だったのですね~区切りとしてはふさわしい日であったかと思います。

 

一度たどった道をかみしめて、さらに前に向かっての地固めができるでしょうか

 

 

 

「生命の木35」見えてきた最後の意味

最後を、3本同時に使っている。

これで今回の「生命の樹」は最後だ。

 

この半年、ものすごいスピードで進んできたと思う。心も体も・・・

意識して使うことの重要さを思い知った気がする

 

自分が今何をどうしているのかを、たえず意識して生きることが

こんなにも大切だったとは・・・

 

ぼーっと生きて行くのも人生、毎日目的をもって生きるのも人生。

どちらがいいか悪いかなんて誰にもわからない。

 

でも、どちらも経験することが新しい何かの発見にはなる。

 

じつは今、3本同時に使い始めたのになぜかB25のナイチンゲールが多く残っている。

何故か?単純にそれは塗らないからだ

塗らない理由?手が出ない。

どうしても最初に塗らないのだ、いや塗りなくないのだ

 

この期に及んで何かが拒否反応である。

その「B25」は私が最初に選んだ4本のボトルの1本目、そして最終目標

 

ナイチンゲールと名前がついていることでもわかるが

「奉仕の精神を持ち、それを行動をもって行う人」

 

私がオーラソーマを始めた理由の一つが、「人のため」である。

 

大袈裟な言い方だし、おごりが感じられる言葉で嫌いである。

じゃなぜ今書くのか?

その言葉へのこだわりを私自身の中から無くすためである。

 

純粋に「自分以外の人のため」と言いたい

 

もうすぐ63歳になる、

独身、子供もいない、

私の人生は、物心着いた頃から自分との闘いだった。

10年前それに終止符が打たれた時、初めて人々が愛おしく見えた。

そして同時に、私と同じように戦っている人がそこかしこにいることがわかった。

 

単純に

自分のことは終わったから、残りの人生自分以外の人につき合おう」って

 

そして宣言する

「私は私にかかわるすべての人に心を尽くします」

 

これで、ナイチンゲールもすいすい塗れる気がする。

あーー、書くことはやっぱりスッキリするのだ

 

苦あれば楽あり、人生は楽しい

 

 

「生命の木34」最後のスフィア=コクマー

長いような短いような~~

最後のスフィアへと入った。

ここでは、3本を使います

左のB25ナイチンゲールのボトルは、

私が生命の木をするにあたって選んだ4本のボトルの一番目のボトルです。

その私の本質であるボトルが最終ボトルとなりました。

アファメーション:私は過去を手放し、私があるように自分自身を愛します。

 

B35愛に満ちた親切

アファメーション:私は変容のプロセスにいます。そして私が自ら変容しようとするとき、私は他の人にも変容の可能性を与えます。

 

B106大天使ラツィエル

アファメーション:私は地上におけるその計画の発展に意識的に参加します。

 

スフィアとは魂の旅路での分岐点、道の駅 みたいな場所

そこでいろいろな学びや気づき、そして次に向かうエネルギーを補充する。

 

っでいいのか~~こんな解釈で・・・

 

私の最後のスフィアはコクマーって名前がついています。

 

自分の中に蒔かれた種をこれから大切に育てて行こうと決めるところ、

大きな希望と高い意識をもって、智恵とひらめきで思いを育てようとするところ。

 

そして、その場所は(火)の場所

大きな火は全てを焼き尽くし、新しく芽吹きの山を作る。

火山の噴火のように、新しい大地を作ることもできる。

古いものから新しいものへの破壊と創造での有無を言わせない決断。

 

あっとゆう間に炎に焼き尽くされ、急げ~と言われる変化を要求されるところでもある。

 

でも、火は全てのものにとってかけがえのないもの

小さな火は、身体を温め暖かり食べ物を提供し、

太陽のぬくもりは全てのものに成長と幸せをもたらす。

 

その二つが重なる「火」は、地球の母そのものであると感じる。

 

地球の厳しくも優しい「炎」に見守られながら

これから3週間最後の仕上げ、

私自身の新しい、いや生まれながらに持っていた種を

私の中で意識的に育てる決意と、未来の私を描き上げることに集中してみたい。

 

3本同時に使うかな~~

 

 

「生命の木33」風邪をひいたみたい!でのB95

昨日から、新しいボトルB17からB95へと移った

 

B95=大天使ガブリエル・マジェンタ/ゴールド

より高き「善」に向かって発展するために、私に必要とされる智恵と愛を受け取ります。

 

昨日の朝から、下痢と腹痛で食欲不振、さらに昼ころから頭痛も始まりマズイ!っと

早めに帰って測るとすでに37.5度

「あーこのままだと夜には8度を超える~~」といつものパターンを考えた。

 

午後に帰ってから3時間ほど寝て、夕食を作り、

自分に食欲がないと、家族の食事もそれなりになってしまう 。

ってことで、サバ缶の味噌汁と納豆と昨日の残りのかぼちゃの煮物で終わり。

 

新しボトルB95のボトルを塗り終えて、夜8時には就寝となった。

 

今朝、ブログを書かなければとボトルを見ると、あれま~~こんな感じ

ヒドイ濁り方、中央は白い泡で埋め尽くされ、上下ともに白濁!

 

1月の、イエロー以来だ。何故だと問いたくなる。

 

確かに最近、特にこの1ヶ月精神的に忙しく絵も描いていない。

 

気ぜわしいとはこのことか~~、少し冷静に戻ろう。

って、そう思っていたところにこの体調不良とボトルの濁り。

 

関係がありそうな気がする。

今日からの1週間、すこし自分にフォーカスして見つめなおしてみます。

 

ところで、今朝はすでに平熱です。

朝食は絶好調で、ポテト、ほうれん草と玉ねぎとハムのソテーにライ麦マフィン

足りずに思わずおせんべいつまむという裏技で満腹に・・・

昨日の分を取り戻しました

 

 

「生命の木32」B17吟遊詩人Ⅰ・希望

今日からB17

グリーン/バイオレット「吟遊詩人Ⅰ・希望」

スピリチュアリティへの新しい始まり

紫色に、心が反応する

塗りたくない・・・と

 

最初のころのバイオレットの印象がよくないのだ。

自分自身を見失いそうになるほどの心の嵐の日々だった。

 

火の世界での、バイオレットはどうなんだろう。

早い変化を促される加速したイメージの中でのバイオレット

肉体を超えた霊的領域への変化への誘いだろうか

 

丁度明日、「ボヤージュ・オブ・タイム」って映画を急きょ見に行くことになった、一人で

珍しいこともあるもんだと、自分でも思う。ピンッ!と来たとしか言いようがない。

この映画も「生命の木」と関係があるのだろうと思う。

 

————————————————————–

ところで、終わったB94の感想

1週間で、私の中で一つ確認できたことがあった。

20代の若い方がオーラソーマコンサルテーションにいらしたのだ。

 

そのコンサルテーションの時、私の中で確信が持てたことが起きた。

 

それは話の途中何度か、ふと心に湧いてくる言葉を投げかけると、

「あー・・・そうです・・・」と相手の言葉が返ってくること。

そんな時、私はボトルの色を意識していないことに気付いたのだ。

 

そんなことが何度かあって、

真摯に相手に向き合い、心に寄り添う気持ちがあって話を聞いていれば、

気持ちは伝わってくるものなんだと、再認識したこと。

 

オーラソーマの場合ついつい色を先読みしてしまう傾向にあったし、

それが正しいと思っている私自身もいた。

しかしそれが私には違和感があって、どうしてもなじめないことの一つでもあった。

 

だがそうではなかった。それは後からついてくるものだった。

 

その日は本当に気負いなく自由にコンサルテーションしている自分がいた。

だから、気付いたのだと思う。

 

そして、選ばれたボトルは的確にその人の心を反映していた。

 

色と心は、こんなにも深く繋がっているのかとも思える瞬間でもあった。

 

オーラソーマに対する私の感覚が変わった。

そして、私にしかできないオーラソーマコンサルテーションが見えた瞬間でもあった。

そう、100人いれば100通りのコンサルテーションがあるはずなのだ

 

 

「生命の木31」バースボトルが終わってのB94

バースボトルが終わり、今日から始まる

B94:ペールブルー/ペールイエロー「大天使ミカエル」

アルケミー(経年変化の色抜け)して下のイエローがホントに薄い色になっている。

それが、何とも言えない美しさ・・・好みである

 

強烈な真実が意識の進化に応じて明らかにされる。大いなる意志と小さき意志の出会い。

また1週間が楽しみです。

さて、終わったB31バースボトル体験だが、いろんなことがあった1週間だった。

 

日々常に色んなことはあるものだが、

 

まずは、ジャズボーカルとヴォイストレーニングの初日が重なっていた。

どちらも初めての練習日であった。

 

そしてこの週は特に、生まれて初めての体験があった。

 

もちろん突然考えてもいないことが起こったわけではない。

それは、私が昨年から始めたサロンで、私が主催してヨガ教室を開いたことだ。

 

事の発端は、友人からサロンでヨガはどう?って先生を紹介されことからだ。

よく考えもせず、その先生は知っている方でもあったしヨガに興味もあったので

いいよと軽く引き受けた形だが・・・

 

その時私の中で、えー私には無理だ!って気持ちが起こらなかったことが、

今思えばとても不思議なのだ。

 

出来ない!とか、面倒くさい!とか、人をどうやって集めるの!とか、

とにかくすぐに頭ぐるぐるんしてしまう私が、大丈夫だとしか思っていなかったこと。

 

やればできる!って気負いもなかったし、何とかなるって思う気持ちもなく。

今思えば、前からやっていることを再開したような気持っていうのだろうか?

本当に自然体でそれを受け入れた。

 

タイミングなんだろうか・・・

 

思えば、昨年の11月

アカシックリーディングに行って言われた言葉が今頃ガテンする。

「私はアカシックで未来を見てもらった」

 

「自分で何か計画を立てて人が楽しんでいるのを見ているのが好きです」とか

「今すぐそれを始めてください。小さなことからでいいのです」とか

「あなたはそれを始めます。そして将来3か所に起点をおいて、そんな場所を作ります」とか

 

そのたびに

えーー、えーー、えーー・・・考えたことないです。

とあせる私。

動揺が走り、その後数週間にわたりその言われた後遺症が残ってしまったくらい

まったく私とは無縁と思える未来を示したのです。

 

そして私の中では、嫌なものに出会ってしまったくらいに思っていて

すでに忘れかけていたのですが、

 

ふと思えば、あら~~~あの時言われたこと今してるじゃんって

あたしってそういう一面もあったんだって気づいた。

 

頑張らない、楽しく気楽に始めようって思っていて

Facebookにヨガ教室を載せ、

どうなるのかなーーーって思っていると早速問い合わせメール

 

思わず「うそ~~!早!」って

そして、あっという間に募集人数に達し、慌てて次の日程を決め

さらにそれもほぼ埋まった。

 

あれまーーーとんとん拍子ってこういう事?って驚いている。

 

でもアカシックがどうか?ってことはやはりどうでもいいと思っていて

私は私の叡智ゴールドを信じ、それに従い

グリーンのハートを開き広い視野で自由に物事を見つめ方向を決める

ってバースボトルは言っている。ので

その通りの1週間だったと思うのです。

やはり私の本質のボトルなんだなーと、終わってみて感謝です

 

 

「生命の木30」ついに来ましたバースボトル・B31

今日からバースボトルB31=グリーン/ゴールド

バースボトルとは、西暦の生年月日すべてたした数字のボトルのことである。

 

最初に見た時から「ワー趣味じゃない!」と思い続けて1年半

ここで使うことになるとは、運命を感じる・・・大袈裟な

B23のローズピング/ピンクは

本当に軽く、じゃぶじゃぶとあっという間になくなった感じだ。

 

そしてご褒美のような、オーラソーマコンサルテーションもあった。

心がほぐれていく人を見るのは、とても幸せだった

ピンクが私の身体に染みついている週だからこそのご褒美のような気がした。

 

そして今日から試練のバースボトル

何故試練なのか?

ピンクの愛で心が充実していた1週間で心身ともに元気だからだ。

バースボトルの試練を乗り越えるためのエネルギー充填期間であったと思うのだ!

 

予感のようなものだ、しかしそう思ってしまうことは現実化する。

わーわーわーー書いてしまったから、後戻りできない

 

それはそれで、楽しみなのでもある。

人生、苦あれば楽あり、変化の好きな人種でもあるので仕方がない。

 

オーラソーマを学んだ人間として、バースボトルをしっかり体感したいです

 

「生命の木29」風の世界から火の世界へ

昨日からB23=ローズピンク/ピンク「愛と光」を使い始めた。

 

ご覧の通りピンクの可愛い色である。

似合わな~~~い(;^ω^)と一人思いながら塗ってみた。

 

気のせいか、ストロベリーの匂いがする、とっても軽やかな感じ。

気持ちが明るくなる気がするのだ、食べ物の匂いっていいね

火の世界、風の世界、水の世界、地の世界、と4つの段階のある場所の

水から始まって風を通過して、そして最後の火に入った。

 

本当に終盤に来たと言っていいと思う。

火の世界で残り8本・・・最後まで気が抜けない。

何が起こるかわからないからだ。

 

思い返せば、昨年の10月15日から始まったこの旅は、とんでもない旅であった。

と同時に、凄いスピードで駆け抜けた思いだ。

 

すでにこの、色の付いた液体を塗ることに慣れてしまって、習慣となってしまった

 

人はやはり、頭の中だけで考えていているだけでは、なかなか前に進まない。

肉体があるのだから、とにかく行動することが大切だと教えられた気がしている。

 

さー、また1週間私の行動と共に色を楽しもうと思います。

 

 

「生命の木28」3分の2が過ぎ・17本目B64ジュワルクールへ

すでに3本が経過したが、感想を書きそびれている。

 

書く暇がない!ってのはいいわけで、

特に思ったほど何も感じなかったってことだと思う。

 

書いてない順として

B80レッド/ピンク

あっとゆう間に過ぎた1週間、たぶん忙しい週でもあったし元気だった。

風邪から復帰し、ジャズボーカルの初体験にも行った。

そう、30年ぶりくらいに大きな声を出して歌を歌った。

今思うのだが、あれから2週間毎日少しでも歌で声を出していると、

だんだんと高音が出てくるものらしい。

あーー歌えるかも ってちょと自信が出てきた(上手いかヘタは別問題)

そんなバタバタした週であった。

 

 

B112ターコイズ/ミッドトーンロイヤルブルー

ちょうど、これを使い始めた時から、メディカルハーブの講習会が始まった。

昔からずっと興味があったのにしてこなかったことの一つ

とっても興味深く、楽しく、ハーブディー飲み放題のマンツーマンという

ラッキーな講習会でした。

そして、ボトルが最後の日に2回目の講習会、2回で終了でした。

なぜか、ハーブとの1週間のお付き合いがこのボトルでした。

思えば、魔女としての私の才能が開花されたことと関係があると言える。

 

そして、昨日の夜から使い始めたボトルB64ジュワルクール

エメラルドグリーン/クリアー

大地の恵みに感謝し、ハーブの世界に足を踏み入れた私を迎いいれた色、

なんてピッタリ って思わず、ありがとうシール貼りました。

 

昨日、メディカルハーブの講習会で、調合した瓶や袋に感謝のシール貼ることで

「その効力をもっと発揮するし、助けてくれる。」って教わりました。

 

毎日体に塗ることは、ボトルに入っている様々な植物や鉱物のエネルギーを

いただいているので、感謝して塗ることは大切なことなのです。

 

そんなことも無意識でやっていたとは、オーラソーマ失格だぞ!

って自分に活!!

 

残り9本、心新たにまた「生命の木」向き合って行きます

 

なんでも、中だるみってするよね~~~

 

 

「生命の木27」B80 アルテミス

昨日の夜からB80に移行した。

 

アルテミス(ギリシャ神話貞潔の女神)レッド/ピンク

すでに15本目になるので、色に対する抵抗はなくなっている。

今度は、どんな感じがするのだろうと、期待感が出てきた感じだ。

 

前回のB2のブルー/ブルーのボトルは、結局風邪と共にの1週間でした。

おかげさまって、言うのだろうか?軽くてすんだ

 

ところで赤って、元気出ると思ったけど、帰りの電車でぐったりでした。

終点で降りるので、ぐっすり寝ていたけど、駅に着いても目が覚めなくて

意識もうろうとして階段が怖かったです。

 

そうそう、今日ジャズボーカルの体験の日だったんですね。

そっちは楽しかったですね~~

歌って、体中で自分を表現しているみたいでエネルギーがほとばしる感じがします。

 

って、赤でよかったんだーーそっちか!